リーフレット14ページ

リーフレット「生活を支えるための支援のご案内」を掲載しました。(4月27日)

14ページ

傷病手当金

傷病手当金は、健康保険等の被保険者が、業務災害以外の理由による病気やケガの療養のため仕事を休んだ場合に、所得保障を行う制度です。新型コロナウイルス感染症に感染し、その療養のために働くことができないかたも、利用することができます。

 

  • 自覚症状は無いが、検査の結果「新型コロナウイルス陽性」と判定を受け入院している。
  • 発熱などの自覚症状があり、療養のために仕事を休んでいる等の場合についても、傷病手当金の支給対象となりえます。

 

支給要件

次の条件をいずれも満たしたときに支給されます。

①             業務災害以外の病気やケガの療養のために働くことができないこと

※ 業務又は通勤に起因する病気やケガは労災保険給付の対象となります。

②             4日以上仕事を休んでいること

※ 療養のために連続して3日間仕事を休んだ後(待期期間)、4日目以降の仕事を休んだ日について支給されます。

※ 待期期間には有給休暇、土日祝等の公休日を含みます。

支給期間

支給を始めた日から最長1年6か月の間

※1年6か月の間で傷病手当金の支給要件を満たす日について支給されます。

1日あたりの支給額

傷病手当金の支給開始日の属する月以前の直近12月間の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額の3分の2に相当する額

※ 支払われた給与の額が、傷病手当金の支給額を下回っている場合には、傷病手当金と支払われた給与の額の差額分が支給されます。

 

支給総額=直近12月間の標準報酬月額の平均額の30分の1×3分の2×支給日数

 

             支給要件の詳細や具体的な手続きについては、ご加入の健康保険の保険者にご確認ください。

 

※)国民健康保険に加入されているかたについて

市区町村によっては、条例により、新型コロナウイルス感染症に感染するなどした被用者に傷病手当金を支給する場合があります。詳細については、お住まいの市区町村にお問い合わせください。

次15ページ


私たちの仲間
BUDDY
を募集しています

障碍者・引きこもり・うつで就職困難な方
能力を持ちながらも就職に就けない方。
自分の特技を見つけ
その能力を生活の糧につなげませんか?
私たちが支援いたします。

お問い合わせはこちら

啓もう活動

ボランティア募集

PAGE TOP