触地図を作りたいと思い新潟大学へ

新潟大学工学部の渡辺准教授を尋ね、学生さん達と研究を行っているソフトの使い方を教わってきました。

触地図というもので、特殊加工された用紙に熱をくわえる事で膨らむのを利用して作る地図です。

もとは、視覚障害者のかたへ研究を重ねられている事ですが、私がソフトを教えてもらっている中で、他にも使えるなと思いました。

障がい者とは、一般的に健康な方が行える動作や判断と自分との間に壁があると仰った医師がいると聞いたことがあります。

その通りですね。

障がいとは人の事を指すのではなく障がいを乗り越えなければ一般的な生活を送る事が困難なかたを指す言葉と考えた時に、視覚障害者以外のかたにも使える触地図ソフトと思いました。

また、この触地図ソフトを利用してデータを保存しておき、必要な時に印刷して貰える場所で出力していただくと、施設内や駅構内で迷う事が少なくなると思いました。

次に新潟大学の渡辺准教授より送って頂いた触地図に関するサイトを貼り付けます。
尚、学生さんの製作ソフトですので、アップデートの有無は予定しておりません。

ご興味のある方、作ってみたい方はご連絡下さい。

パソコン環境や、ソフトの操作等お手伝いさせていただきます。必ず電話番号をご記入下さい。お手伝いはこちらまで連絡下さい。

一つ一つのサイトを開くときはGooglechromeを推奨いたします。

◆触地図自動作成システムtmacs[c]
 オリジナルのもの。
 編集はできないので、このアプリで作った画像ファイルを
 別の画像編集ソフト(例えばGIMP)で読み込めば、点字も入力できます。

http://tmacs.info/c/

◆触地図自動作成システムtmacs[mb]

画像の編集ができます。点字も入力できます。

https://hourclock.github.io/tmacs-MB/tmacs_ja.html

◆触地図自動作成システムtmacs[et]

立体コピーだけでなく、SINKA株式会社のEasyTactixにも対応しています。
画像の編集(記号の入力)ができます。点字も入力できます。

https://kk283.github.io/tmacs_et/

◆触地図作成支援システム

駅の構内図や市区町村図などを作るのに便利です。

https://stevenyuta.github.io/tactilemapyuta/

◆触地図データ

これまでに作成した触地図(ほかに触星図など)を掲載しています。
PDFをダウンロードして立体コピー用紙に印刷し、発泡するだけです。

https://tactilegraphics.net/

追記
2月19日の新潟はとてもよく晴れており、八王子市より暖かかったです。


私たちの仲間
BUDDY
を募集しています

障碍者・引きこもり・うつで就職困難な方
能力を持ちながらも就職に就けない方。
自分の特技を見つけ
その能力を生活の糧につなげませんか?
私たちが支援いたします。

お問い合わせはこちら

啓もう活動

ボランティア募集

PAGE TOP